自宅にあるプールの管理方法とその費用

アメリカ生活お役立ち

アメリカでプールを持っている人、

「プールの管理はどうやってすればいい?」

こういった疑問に答えます。

アリゾナの家庭にはプールが自宅にある人が多いです。
このプールですが、定期的に管理しないといけませんので、その内容と費用を紹介します。

プールの管理項目

プールの管理は、毎日しないといけない項目から、2年に1回でいい項目もあります。

プールの底のゴミ回収(機械/日)
塩素の投入(業者/週)
葉っぱの回収(業者/週)
水の全交換(業者/2年)

これらを実施する必要があります。かっこの中に担当を書いていますが、自身でやっている管理は何もありません。
プールに入る前に、葉っぱがあれば回収するくらいです。

業者もそこまで大変なことはしていませんので、自身ですることも十分可能ですよ。
業者に頼む場合、費用は月70ドルです。

毎日の掃除

プールの中にはルンバのような機械が毎日動いており、プールの底に沈んだゴミを回収してくれています。
水を吸うことで動いていますので、コンセントは不要です。最終的に、ここで回収されたゴミはポンプで回収する必要があります。

定期的な管理

塩素濃度調整


塩素は、ブイのようなプカプカ浮いている容器の中に入れます。
この塩素の量が少ないと、プールの中にコケが生えてしまいますし、多すぎると泳ぐ気にならないほど塩素臭がします。

量の調整方法ですが、

Pool Volume Calculator | Pool Maintenance
Enter your pool shape, length, width, shallow- and deep-end depths into our Pool Volume Calculator to find your pool's volume in gallons. Learn more about pool ...

を参考にして、量を計算してみてください。

また、入れる前には塩素の濃度を確認することをおすすめします。

葉っぱの回収


基本的に、浮いている葉っぱは、プールの波紋に合わせて、写真のような入り口へ回収されます。


その後、Skimmerと呼ばれる穴から、定期的に葉っぱを回収する必要があります。

また、プールに入る前には、網で葉っぱを回収しましょう。


このとき、水辺には昆虫が多く集まってきますので、サソリも必然的に集まりやすくなります。
もし、プールの中にサソリが浮いていても、絶対に手で触らないようにしましょう。サソリは泳げませんが、水の中で死んでいるわけではありません。

最後に、モーターの中に回収された葉っぱを掃除すれば完了です。

2年に1回のプールの水交換

プールの水は捨てているわけではなく、循環しています。
塩素で消毒していますので、バイキンが増えているということはありませんが、2年に1回水抜きをして、新しい水と入れ替えることが推奨されています。

私の家の場合、このときの水道代は、プールの大きさによりますが、50ドルくらいです。

プールを持っている我が家の水道代はこちら

アリゾナ駐在員の水道代は、1000ドル/年、日本の2倍以上
これからアリゾナに駐在する人、 アリゾナの水道代っていくらぐらい?プール付きだと高い? こういった疑問に答えます。 アリゾナの戸建て物件には、芝生があるため、毎日の水やりで多くの水を使います。ま...

最後に

アリゾナの場合、プールに入ることができるのは、5月から9月の5ヶ月程度です。
冬の間は、プールに入らないのに、管理しなければいけない。という面倒さがあります。そこまで手間はかかりませんが、お金に余裕のある方は、プールガイを雇うことをおすすめします。

賃貸物件探しのコツはこちら

アリゾナ賃貸物件の見学時のポイントとおすすめ
こんにちは。 アリゾナ駐在員のSaguaroです。 これからアリゾナに駐在する人、家族で暮らす家を探す人 「家を見学するときのポイントを教えてほしい。おすすめの見方はある? ...
タイトルとURLをコピーしました